読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポテトチップス・ラブ

ポテトチップスについてのブログです

 ポテのんのイメージチェンジ

「ポテのん」は、コイケヤが昨年発売したカップタイプのノンフライポテトチップスです。
カルビーがベジップスを出したりとか、スナック菓子界にもヘルシー指向が流行しはじめていたことと、カップタイプは長らくじゃがりこジャガビーの独占市場のようなところがありますから、コイケヤがこの「ポテのん」を出してくるっていうのはスナック界の勢力図的にみてもとても面白い展開でした。
そんなわけで発売してすぐ買ってみたのですが、でも、やっぱりノンフライはポテトチップスじゃないんですよね。おいしいとは思うんだけど、物足りない。そもそもカロリーのこと気にしながらポテトチップス食べたくない…。そう思ってその当時でてた2つの味を1回ずつ試してそれきりになっていました。

でもこないだナチュラルローソンでみつけたのがこの「うましおポテト(ノンフライ)」ですよ。特徴的なカットでこれは!と思い製造元を見るとやはりコイケヤ。そうかーナチュラルローソンにあわせてポテのんはこうイメージチェンジしたのか~。いわばいつもはコンタクトの子がある日眼鏡で学校に来たみたいな新鮮さですよね。もちろんめがねなしが似合う子もいれば、めがねありが似合う子もいる。適材適所です。
ではノンフライ、ローカロリーの適所とはなにか。それがこの無印○品みたいなデザインのパッケージですよ…。これは「焼き上げたポテト」であって「ポテトチップス」ではないわけです!そう、最初からポテトチップスではなかったんです!私の思い込みで物足りないとか言ってごめんなさい。
焼いたポテトだと思ったら、なんかこれはこれでおいしいような気がしてくるので不思議です。あと揚げてないから、手があまり汚れないのもいいですね。

もちろんこれはナチュラルローソン(もしかしたらローソンにもあるかも)PB商品としてのパッケージであって、本家ポテのんのパッケージ(HP→http://koikeya.co.jp/potenone/index.html)はそのままなのですが、ノンフライスナックのアプローチとして「ポテトチップスなのに」というところをクローズアップするのと、最初から焼いたポテトチップスですよ~というアプローチをすることで、こんなにも違って見えるというのは驚きでした。