読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポテトチップス・ラブ

ポテトチップスについてのブログです

カット法で広がるポテトチップスの魅力

「じゃがいもを薄切りにして油で揚げ、味付けをしたスナック菓子」ことポテトチップスは、誕生から100年以上といわれるその長い歴史を経て、現代ではそのカット法、揚げ方などにもさまざまな工夫が凝らされるようになりました。

日本のポテトチップス界で定番商品として販売されているカットは主に「通常の薄切り」「ギザギザカット」「スティックタイプ」の3種類。そしてもうひとつ、カット法の違いではありませんが、揚げ方が異なるタイプとして「釜揚げポテトチップス」があり、この4種類が日本のポテトチップスの「定番」といえると思います。

チップスターやオーザック、プリングルスなどの「成型ポテトチップス」(一度粉末状にしたじゃがいもを固めたもの)は今回は除外します。

カット法はどれが人気?

かねてから、この4種類では何が一番人気があるのかなということが気になっていたので、先日twitterのアンケート機能を使ってTLの方の意見をうかがってみました。

結果はこんな感じ。面白くてずっと見守っていたのですが、「普通のチップス(薄切りタイプ)」がずっと首位を走り、「釜揚げ」「ギザギザ」がだいたい同数で追い続け、スティックなどを含む「その他」はずっと最下位、というかしばらくは0でした。
個人的に、もっとも歴史が長くフレーバーも多い薄切りが1位であることには納得なんですが、釜揚げがギザギザと並ぶほどの人気だというのは少し意外でした。

各カット法の特徴

  • 薄切りタイプ

(例)カルビーポテトチップスシリーズ、コイケヤポテトチップスシリーズ、ヤマヨシわさビーフ、など

定番中の定番。表面が平らなので味の付き方がさっぱりしているため芋の味を感じやすいことと、パリパリとした食感が特徴。

  • ギザギザカット

(例)カルビーア・ラ・ポテト、ピザポテト、ポテリッチなど

ギザギザカットがいつから登場したのかは定かではありませんが、日本はもちろん海外ものにも多い定番カット。表面に溝があるため、味が絡みやすく、食べたときの食感がザクッとしているのが特徴です。
カルビーDeepo、コイケヤウェーブカットシリーズなど、そのギザギザ具合にもさまざまな工夫が凝らされた新作が出続けています。

  • 釜揚げ

(例)カルビー 堅あげポテト、コイケヤ 頑固あげポテト、KETTLEシリーズ(海外)など

通常のポテトチップスが高温短時間で揚げるのに対し、低温で時間をかけて揚げるポテトチップス。時間をかけて揚げることで、ゆっくり水分が抜けていくため、通常のポテトチップスよりも小さくなるとのこと。食感は堅く、低油分なのが特徴。

  • その他

(例)スティックタイプ…コイケヤ カラムーチョなど、厚切り…ヤマヨシ 厚さ2.0倍シリーズなど、その他ワッフルカットなど

スティックタイプにはいくつかあって、まずはカラムーチョなどの、じゃがいもをスティック状に切って揚げてあるもの。これは小さな1本1本に味が絡んでいることと、1本が小さいので数本まとめて口に入れることが多いため、食感がボリボリという感じになることが特徴。ベビースターを口に流し込んだときみたいな感じですね。また、もともとギザギザカットにしてあるものを、さらにスティック状にきった明治の旬じゃが系もあります。

厚切りは、まだ発展途上のジャンルといえるでしょう。ヤマヨシの分厚く歯ごたえのある厚切りに対し、明治のじゃがままはもう少し薄め。薄切りタイプ以上に表面が平らなので、個人的にはさっぱりした味でじゃがいもの風味を楽しむのがむいていると思いますが、中には味を濃く載せようとしてか、粉っぽいフレーバーのものもあります。
その他に、定番とはいえませんが、たまに登場するシリーズとしてコイケヤのワッフルカット(表面は編目)やカルビーの高級ブランド・グランカルビーのポテトクリスプ(表面はギザギザ)などがあります。これはどちらも薄切りの3倍の厚さと言われていて、食感はサックリした感じ。揚げ方が違うと思われるので、ギザギザとは別の系統だと思っています。

各カット法人気率の理由?

釜揚げがギザギザと張る人気であったのが意外だったのは、釜揚げは(日本においては)1998年の「堅あげポテト」発売以来、長らくカルビーの独壇場ともいえるジャンルだったからです。*1
後追い製品も最近までほとんどなく、それこそカラムーチョスティックタイプのような、ニッチな人気を掴んでいるタイプなのかと考えていました。また、スナック菓子、というよりおつまみに近い立ち位置でもあるように感じていたのですが、すっかり確実な人気を得ていたんですね…!
自分のTLは学生さんがあまりいない、大人の方が中心であることもこの結果に関係しているかもしれませんが、このように(日本では)比較的新しいタイプの製品が確実な人気を掴んでいくというのはポテトチップス界のファンとしてはとても熱い出来事です。
いやーポテトチップスって本当に、楽しいものですね…! ポテトチップスラブ!

*1:海外製品では定番でしたが輸入品を日本で購入する場合、製造から時間が経ってしまっているので、本来のおいしさを味わえない気がします