読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポテトチップス・ラブ

ポテトチップスについてのブログです

ついにでた!カルビーの成型ポテト「ポテトチップスクリスプ」を食べました

カルビー

日本のコンビニエンスストアでは長らくナビスコチップスター」ブルボン「プチシリーズ」そして「プリングルズ」の三つ巴だった成形ポテトチップス界に、ついにポテトチップスの王者カルビーが参戦です。
最初に言い訳を書いておくと、私は圧倒的にポテトチップス派であり、成型ポテトチップスはポテトチップスとは別ジャンルと考えているのですが、やはりカルビーが動いたとなるとそれはそれで気になる。

そんな「ポテトチップスクリスプ」が、当初の発売予定から1年延期となり、ついに今月から北海道で先行販売がはじまりました。
北海道先行発売か……!!とガックリきていたところに、「北海道に行く用があるので買ってきましょうか」とありがたいお声をかけていただき、ついに食べることができました。大感謝!!

カルビーが成型ポテトチップス界に参戦する理由

そもそも、カルビーが成型ポテトチップス界に参戦する理由とは何なのでしょうか? カルビーニュースリリースにはこのように書かれています。

成型ポテトチップス市場は近年大きな成長が見られず、横ばいで推移しておりましたが、本商品が本格参入することで、市場全体の活性化につながると考え、1998年から海外(ドイツ)OEM製造による成型ポテトチップス「チップスレッテン」をテスト販売するなど市場参入を試みました。
テスト販売を経て成型ポテトチップス市場に可能性を感じたため、2011年1月から自社R&D(研究開発)センターでのテストを開始し、2013年に共同開発したレシピを用いて、海外(ドイツ)OEM製造による「ポテトチップスクリスピー」を東北・信越エリアにてテスト販売を実施しました。
http://www.calbee.co.jp/newsrelease/160711.php

成型ポテトチップス市場に大きな成長が見られない、というのは確かにそうなのですが、カルビーがわざわざそこに参入する、というのは、もちろん勝算があるからなのでしょう。

そこで思い浮かぶのが、カルビーにとって、今やポテトチップスと並ぶ看板商品になっているのが「じゃがりこ」や「じゃがびー」などのカップ状の容器に入ったスナックです。
じゃがりこは、「カバンに入れて持ち歩けるお菓子」として開発されたということで、手を汚さず、そのまま卓上においてつまむことができるという点で、スナック菓子業界をそれこそ活性化した商品だといえるでしょう。
そして、成型ポテトチップスの利点もまた、手が汚れないということと、あの筒型の容器(その形を保つのが本来の役割であったとは思いますが)に入っているということで、食べ残して鞄の中に入れておいても、中身が割れてしまわない、という所にあると思います。
じゃがりこの発売が1995年、現在も北海道限定の人気商品であるじゃがポックルは2003年、そしてじゃがビーが2006年。上記のリリースをみると、たぶんじゃがりこの成功を受けて、その後のカップ型商品の開発と平行して、成型ポテトチップス界への参入が企画されたのではないか? と感じます。

しかし成型ポテトチップスの市場はけして大きくありません。コンビニエンスストアなどではフレーバーが豊富なじゃがりこなどと並べられることが多いため、その限られた棚の勢力図が今後どのように展開されるのかが気になるところです。

実際に食べてみました

前置きが長くなりましたが実食です。今回は比較対象としてチップスターうすしお味と食べ比べてみました。
 箱の中身
ポテトチップスクリスプはSサイズとLサイズの2種類展開となるらしく、今回食べたSサイズはチップスターの短筒タイプと同じ50gです。
しかし1枚は若干クリスプのが小さい。女性でも1枚を一口で食べられる大きさだと思います。

食べてみてまず気付くのはその堅さ。
パッケージにも「パリッと心地よい食感」とありますが、どちらかというと「ザクッ」という印象でした。
クリスプの後に食べてみると、チップスターはサクッとした、軽さを感じます。

うすしおとコンソメパンチの2種類展開ですが、どちらも、ポテトチップス版のフレーバーに忠実だと思います。というかこういうときは同じ配合の粉使うのかな?
でも個人的には、チップスが違うことで、こんなにも味が違うんだ、ということに驚きました。
先ほどザクッとしている、と書いたとおり、クリスプはかなり1枚の密度が濃いです。そのため、1枚を食べ終わったときの後味がかなり長引くような気がしました。
そしてポテトチップスと成型ポテトチップスの最大の違いがこの後味だと、個人的には思っています。
チップスターの場合は1枚が軽いので、後味もスッと引くのですが、クリスプは若干粉っぽさが続く。(ちなみにプリングルズの場合はフレーバーの濃さで押し切るタイプですね)

成型ポテトチップス独特のチップス感が好きな人にはいいかなと思いますが、個人的にあまり成型タイプを好まないこともあり、後味の軽い、チップスターの方が好きかな、と思いました。

とはいえコンソメ味に関しては、コンソメパンチが至高だと思っているので、コンソメ味を成型ポテトチップスで食べるなら、クリスプかな、とも思います。(まあじゃがビーでも出てるので、そっちという手もありますが)

パッケージについて

チップスターが紙の蓋であるのに対し、クリスプはプラスチックの蓋を採用しています。これもちょっと分別面倒だなと思うポイントでした。プリングルスも分別のことが気になって買い控えることが多いので、この辺りはなぜプラスチックを採用したのか(コストの問題でしょうか?)知りたいところです。

まとめ

結論からいえばチップスター派ではあるのですが、やはりカルビーが新製品を出す、ということにはわくわくしますし、得意フレーバーをたくさん持っているカルビーのことなので、今後の新商品にも期待は高まります。
チップスターも近頃地方限定シリーズをたくさん出しているので、相乗効果で成型ポテトチップス界も盛り上がればいいな…!と影ながら期待しています。

……ポテトチップスラブ!